ABOUT US/教会紹介

町田純福音教会は1951年に、スウェーデンの宣教師アムロス師夫妻によって開拓された。彼らははじめ中国で宣教活動を行っていたが、第二次世界大戦後、中国から国内退去を命じられたため日本へやって来た。そして東京の町田に導かれ、日本においての宣教活動を開始した。彼らは間もなく、共に労をしていくことになる田中渚師との出会いが与えられ、この宣教の働きは確立されていった。

教会がスタートしてからはある家の一室や保育園、柔道場、集会所、宣教師宅など、様々な場所で礼拝がもたれた。また当時は、天幕伝道集会も各地域において行われていたため、多くの人々がこれらの集会を通して救われていった。

1960年、主の導きと信仰によって最初の教会堂が献堂された。1972年には、山中湖キャンプ場「恵みの山」を建設。1975年に、開拓当初より続けてきた文書伝道の働き(子ども向け月刊誌「光の子ども」、中高生向け「若枝」を発行)に伴い、キリスト教書店「町田福音センター」を開設した。1977年には、同じ町田市内の成瀬地区において伝道所が新たに開拓された。そして1983年、200人を収容できる新しい会堂(現会堂)が献堂された。

宣教師夫妻が母国に帰られ、田中師の召天後は町田の教会で救われ献身へと導かれた横川弘子師をはじめ吉光雄三師、堀満師、協力宣教師として来てくださったアウティオ師夫妻、また無牧教会だった時期には、諸教会、および諸先生方によって、教会は支えられてきた。2013年、主任牧師として南さつまキリスト福音教会の牧師でもあられる上田正美師をお迎えし、今現在、上田師と共に小川祐司師、廣瀬開師、協力宣教師として来られた津嘉山宣教師夫妻が教会の働きに従事している。

主の恵みの中で、これまで礼拝や文書伝道のほかに、子供集会や家庭集会などといった様々な集会、路傍伝道などを通して、主の宣教が町田においてなされてきた。これからも、ますます町田の救霊を覚えてとりなし、また関わり、町田に仕える教会として立ち上がっていきたい。

1951年  H・アムロト夫妻 来日/町田での開拓開始

1952年  田中渚 献身(~1990年)

1955年  加藤(旧姓河原)のり子 献身(~1966年)

     光の子ども」 ガリ版印刷にて発行(~1990年)

1960年  旧会堂 献堂

     高橋(旧姓道地)洋子 献身(~1979年)

1965年  横川弘子 献身(~2012年)

1966年  下川(旧姓荒田)睦子 献身(~1968年)

1975年  町田福音センター開設

1976年  H・アムロト師夫妻 帰国

1977年  成瀬福音センター開設(~1983年)

1978年  林正敏 献身(~1980年)

1979年  中高生伝道誌「若枝」発行(~1990年)

1980年  吉光雄三 献身(~1995年)

1983年  堀満 献身(~2005年)

     新会堂 献堂

1990年  純福音宣教四十周年記念聖会(町田)

2006年  サムエル・アウティオ夫妻 牧師就任(~2011年)

2013年  上田正美 牧師就任

2017年  小川裕司 伝道師就任(現在:副牧師)

2018年  津嘉山ファビオ宣教師一家 来日

2019年  廣瀬開 伝道師就任